飲食店でチラシ作成が必要になるのは、キャンペーンを開催しているときが多いです。

オープンを記念したキャンペーンの場合は、お店によっては1日だけでなく1週間~2週間開催します。まず店に立ち寄ってもらい、次につなげる目的があります。

飲食店のチラシ作成の基本は、左上に大きな写真を貼ってインパクトを出し、安さを表現するキャッチコピーを添えます。

折込チラシに関してわかりやすく説明しております。

右下にも写真を貼って、文章をレイアウトします。背景を黒色にすれば、赤や黄色の文字が引き立ちます。色をあまり使わずに3色程度で抑えると。
見やすいチラシになります。

カタログの制作なら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

一方オープンしたばかりの店では、賑わっている様子を強調します。

料理もほとんど安くなっているので、メニューは整然と並べるよりも少し列を乱している方が、活発なイメージが湧きます。

予約を取る必要がなければ、電話番号は小さく記入します。

居酒屋など連絡を入れてから来店する場合は、電話番号を大きく表示すると良いです。


また飲食店は2月と8月に客入りが悪くなります。

よってキャンペーンを実施する店が増えて、チラシ作成も工夫が大切です。
店に来て欲しい年齢層や性別を詳しく設定します。

土日に安いならば、金曜日の折込に入れます。



現在店に通っている客層を分析して、傾向を調べます。

反対に繁忙期にもチラシ作成は行われます。

居酒屋は新年会や忘年会、歓迎会のシーズンに客が増えるので、その時期に合わせてチラシを配ると多くの人が反応します。